脱毛は本当に痛いの?

脱毛を始める多くの人が気になる施術時の「痛み」。
自宅で行う脱毛では、処理の方法によって痛みを感じるものもあり、脱毛サロンを利用していなくても、それを経験している人は多いのではないでしょうか。

「脱毛サロンとクリニックの違い」でもまとめましたが、サロンやクリニックで、プロのエステティシャンや医師などから脱毛の施術を受けても、やはり脱毛には痛みは付き物になります。

脱毛サロンの場合は痛みについて、感じ方に個人差があるものの「あまりない」としているところが多く、中には「ほぼない」というところもあります。

光脱毛もレーザー脱毛も、黒いメラニン色素に反応するという仕組みなので、一般的には、毛が密集しているところ、肌の色が濃いところ、皮膚が薄いところなどが痛みを感じやすいと言われています。
具体的な部位でいうと、毛が濃く密集していて色素沈着しているVIOラインが最も痛く、その次に痛いのがワキになります。

また、同じ光脱毛でも方法によって痛みが違い、「S.S.C脱毛(スムース・スキン・コントロール)」の場合は、ジェルと光による脱毛で、毛根組織を破壊せず次に生える毛の成長を抑えるというものなので、痛みは「温かみを感じる程度」と表現され最も小さい脱毛方法と言われており、一方「IPL脱毛(インテンス・パルス・ライト)」の場合は、光の照射により毛根組織にダメージを与え、「輪ゴムでパチンと弾かれたような痛み」と表現されています。

全身脱毛の場合、大なり小なり痛みを全身で感じるわけですから、完了するまで耐えられるのかどうかが不安になるかもしれませんが、その点については心配ありません。
どのサロンでも施術前にはパッチテストを受けることができるので、そこできちんと説明を受けて確認しておきましょう。

脱毛すると肌は荒れるの?

アトピーをはじめ、敏感肌タイプの方にとって心配なのは、脱毛の影響による肌荒れではないでしょうか。
照射する光や痛みに、どの程度自分の肌が適応できるのかというのは、お肌のトラブルで辛い経験をした人にとっては、とっても重要なことです。

エステティックサロンはもちろん、脱毛専門のサロンでも美肌のプロであるエステティシャンが施術します。
施術後の肌荒れも想定して、万全のケアを行います。

ケアの内容については、サロンによって違いがありますが、施術前にはローションなどで肌の状態を整え、施術後は冷たいタオルなどでクールダウンした後に、クリームを塗布するなどして保湿するというのが一般的です。
光の刺激は肌に優しいく、特にIPL脱毛は光自体に美肌効果があると言われています。

また、S.S.C脱毛では、照射部位にジェルを塗布することで、光による刺激から守られます。

とはいえ、脱毛による皮膚の赤み、痒み、乾燥や湿疹などの肌トラブルは起こりうるものです。
日々のセルフケアは欠かせません。特に脱毛後は乾燥しやすくなるので、保湿は毎日行いましょう。
施術の前にはもしものことを考えて、カウンセリングやパッチテストできちんと肌の状態を見てもらい、医療機関と提携しているかどうかなど確認しておきましょう。