脱毛できる?できない?Q&A

脱毛したいと思っているけど、肌の状態や健康状態などに不安を抱えている方などにとって、脱毛できるケースとできないケースなどは、事前に集めておきたい情報です。

よくある質問をまとめてみましたので参考にしてみてください。
詳しい内容については、通われるサロンで相談してくださいね。

肌が弱く荒れやすいのですが?
皮膚に症状がある場合や極端に肌が弱い場合はできないことがありますが、肌質など総合的にお肌のチェックをしてからの判断になります。
また、ケロイド体質や光過敏症などの場合はできません。
アトピー性皮膚炎でもできますか?
症状が出てなくてお肌の状態が安定していれば大丈夫です。
ただし、かかりつけの医師と相談してください。
乾燥肌でもできますか?
場合によってはできないこともあり、日頃から保湿ケアを十分行うことをおすすめします。
薬を飲んでいますができますか?
基本的に脱毛の施術は、お肌だけでなく身体も健康な状態である方が対象となっています。
日焼けをしていますができますか?
日焼けは肌の炎症状態です。痛みや赤みがある場合はできないことがあります。
随分前の傷痕がありますができますか?
すでに回復していても、傷痕のある箇所は脱毛することができません。
脱毛したいところにタトゥーを入れていますができますか?
光が色に反応してしまい肌トラブルを招く可能性があり、タトゥーの部分はもちろん、タトゥーから5〜10センチ以内も脱毛することができません。
生理中はできますか?
VIOラインはできませんが、それ以外は可能としているサロンもあれば、できないサロンもあります。
生理中またはその前後にお肌が荒れるということもあるので、サロンで相談してください。
妊娠中はできますか?
妊娠したら脱毛することができません。
出産後は3カ月から可能など、サロンによって規定が異なります。
コース契約の途中に妊娠した場合は、休止してまた再開することもできるので、サロンで相談してください。
授乳中はできますか?
授乳中はホルモンバランスが安定しないので、ワキや胸、乳輪周りの脱毛はできません。
何歳からサロンで脱毛できますか?
サロンによって規定が違いますが、多くの場合、15歳くらいから可能です。
中には3歳または7歳から可能というところもあります。
未成年の場合は、契約時に親権者の同席、同意書が必要で、施術時にも同席の必要がある場合もあります。
また、年齢制限はなく生理が順調にきていることが条件となっているサロンもあります。
他にどんな場合が脱毛できないのですか?
予防接種後10日以内は、体調の異変が考えられるためできません。
また、施術前後12時間以内の飲酒はできません。